スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.11.06 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

海で修行 〜夏を待ちきれなくて・・・〜

おめでとうございます。13kg突破です。

本日の体重:70.8kg(俺)

では無く、本日の体重:13.2kg

既に成長ではなく膨張。膨らんできました!

で、先週の金曜日まだ体重が13kg未満だったがケンスケを湘南へ連れて行った。

この日、ケンスは携帯とミラーレース一眼で十分だと写真は手抜き。

ケンスケを車に乗せて片道1時間半のドライブ。いつの日か私がケンスケに乗って湘南に行く日が来るのかと思うと、ワクワクしてしまいつい、ETCを突破してしまった。(ウソ)



私が海に入ると、何のためらいもなくついてくるケンスケ。まぁ湯船との違いをわかってないんだろうな。



全くノーリアクションでつまらない男


「泳げ!」と指示しても泳がない。そうだ、「泳げ!」を教えるの忘れてた。。。



ワ〜カメ好き好き〜



からの、好き好きす〜好きす〜好きす〜♪


なんだこのブログ、いきなり写真がでかく表示された。写真まで急成長か!?



で、ビールを飲む。で、ケンスケもビール好き。


だから飲み干す



「水圧!水圧が足りね〜よ!!」ってケンスケに言われた・・・
「んだよ!このシャワー使えね〜な」と私思ふ。




だからぶっかける


「キタ〜〜〜」と喜ぶ


打たせ湯的な気持よさ


顔面へのぶっかけも気にしない男らしさ







以上。






12kgを突破。

1週間で1kg以上の増量

本日12.6kg。

でかくなってきたので、再しつけ。

土手でいつもの知犬(知人の犬バージョン)に出会ったが、一旦通り過ごす。リードを引っ張ったらその場でお座り。これを繰り返す。そして引っ張らないようにする。

でかい犬はでかい犬なりに俺の言うことを聞け!と。

このまま行くと1年で50kg以上の増量が予測されるため来年の今頃は60kgを突破すると思われるケンスケ。再来年は100kgを突破するだろう。そんなデカ犬が攻撃のつもりがなくとも飛びかかれば、大人の男性も即死の可能性がある。
いや、同量で増えるのではなく比例したらどうなるのだろうか?1週間で約10%の増量だとしたら、1年後には5tになる計算だ。

こんなケンスケが道路に飛び出せば交通事故の加害者になりかねない。いやなるだろう。

人を踏みつぶし、他の犬をけちらし、スーパーマーケットは単なるおやつの入ったバスケット。
もはやリードで制御不能の暴走恐竜。

コイツを今のうちに言葉でコントロールできるよう、いや遊びたいからと人や犬に突進していかないよう躾なければならないのはもはや言うまでもない。ある種国家的規模のプロジェクト。

このプロジェクトに失敗すればケンスケは軍隊により殺されるか宇宙空間に永久追放させられる。

私が飼っているのは犬ではなくキングコングだと肝に銘じている。


ちなみに飼育環境は大丈夫。来年に自宅完成予定で、狭いながら庭を設ける。
事務所代わりの今のマンションも飼育可能犬種に「コイケルホンディエ」と記載がある。記載のない犬に限り「体高40cm以下、体重10kg以下の両方を超えたら飼育できない」とある。既にケンスケはこれを突破しており念のため管理会社に問い合わせた所「コイケルは飼育可能犬種なので玄関に入る大きさ、床が抜けない体重まで飼育可能」とのことなので問題なしとのこと。










沈黙からの11kg

かなり放置してしまいましたがご報告です。

ケンスケ、本日(生後4ヶ月と18日)の体重:11.2kg

どんだけデカイんだ(爆)


PS、アソコもかなり男らしくなってまいりました。


ルチャドールvsケンスケ(佐々木健介ではない)

 本日のケンスケの体重:8.2kg

デカイぞケンスケ!!


ケンスケの実の姉ティファニーから再三忠告があったルチャドールが本日、ディファ江戸川(土手特設会場)にやってきた。

ブラジリアン柔術家ケンスケは毎日6時間の寝技トレーニングを積み、生後4ヶ月に満たないその体はレア、クレアなどの先輩を差し置き日々大きく育っている。

ケンスケは牛肉(赤身)と卵の白身を中心とした食事に加え、トレーニング直後にプロテインを飲みすぐ寝るという、ストイックな生活を送っている。
そのためケンスケは絶対の自信があり「俺がNoワンだ」と、日々の散歩中でも大型犬にすら立ち向かっていく土佐犬の本能をむき出しにしていた。

そんな中、前述した姉のティファニー「以下、ティファ姉(てぃふぁねぇ)」から「ルチャドールがケンスケの首を狙ってメキシコからやってくる」、「いや既にやって来ている」と忠告があったのだ。
トレーナの大塚氏(ケンスケパパは大塚なのだ)はティファ姉の忠告を事務所を通して耳にし、早速ケンスケに伝えたところ「誰が来ようが関係ねぇ。俺はケンスケだ」と、溢れる自信をむき出しにし「来るなら来い、ルチャドールだかなんだか知らねぇが、その訳のわからねぇメキシカン野郎を俺の得意の寝技に持ち込んで、芝生と一緒にトルティーヤでグルグルに巻いて血のケチャップを付けてタコスにして食ってやる」とメキシカンジョークを交えながら鼻息を荒くした。

そして本日午後、ケンスケは日課のトレーニングのためディファ江戸川(土手特設会場)に向かうと既にジェイミーが会場入りしており「ケンスケ、やばいぞ。悪いことは言わない。すぐに帰ったほうがいい。負けたら大変だ」と忠告。ジェイミーはこの事を伝えるためだけにわざわざやってきてくれたのだ。

20120311_134213.jpg

しかしケンスケは鼻息を荒くし「戦う前から負けること考える奴がいるかよ」とアントニオ猪木バリにジェイミーの忠告を無視。

そんな様子を見ていたティファ姉が、競馬の本馬場入場時並のゆっくりした速度で駆け寄り「ルチャドールが来た!」と最終勧告。
20120311_152345.jpg


しかしケンスケは「だからどうしたんだ?早くタコスを食わせろ」とすっとぼけた表情で余裕を見せる。
20120311_134210.jpg


もう自分たちではケンスケを止められないと考えたジェイミーは、コミッショナーに試合の中止を求めたが「今の時代、格闘技で興業収入が見込める貴重な対戦」とジェイミーの訴えを退けた。

20120311_134221.jpg



「カ〜ン」

ゴングは突然鳴った。

ルチャドールが家族の羞恥心を無視してやってきた。
20120311_143540.jpg



「このタコス野郎、いつまで待たせやがるんだ。こっちは腹ペコだぜ」とケンスケも立ち向かう。
20120311_143544.jpg

そしてガンの飛ばし合いが続き・・・・
20120311_143614.jpg


首相撲でお互い警戒の時間が続いた。
20120311_143618.jpg

そんな緊張を破ったのはケンスケまさかの頭ナメナメ攻撃。20120311_143614 (1).jpg

羞恥心の欠片もないと思われていたルチャドールだったが「こんな屈辱は初めてだ!」と怒りを露にし、その大きな体でケンスケを抑え込んだ。
20120311_143512.jpg

しかし直後、ルチャドールはこの押さえ込みが間違えていたことを身を持って知ることになる。
このケンスケが下のポジションはケンスケのフィールドだったのだ。
ケンスケは得意の下から攻撃でマスクマンの命、ルチャドールをマスクを執拗に狙う。

20120311_143514.jpg

これまでベールに包まれていたルチャドールの素顔の一部がケンスケが捲り上げたマスクの隙間から覗いたとき、会場はざわめき、勝負あったかのように思えた。

しかしメキシコの刺客は、その大きな手からは想像できない器用さと、チンパンジーに僅かに勝る頭脳でマスクを元に戻した。
20120311_143516.jpg

しかし一度めくれたマスクは口元が開いてしまいルチャドールは試合に集中できないまま戦っているようにも見えた。
20120311_143518 (1).jpg

と、ここで1R終了。

一旦コーナーに戻ったルチャドールは上着を脱ぎ「上着は脱いでもマスクは脱がない」と叫び、2R開始のゴングを待っていた。
20120311_143642.jpg



2R開始直後、首相撲から・・・・
20120311_143710.jpg

高速タックルでケンスケは再びルチャドールの懐に入った。
20120311_143712.jpg

会場の誰もがケンスケのマスク狩りで試合あり!と思った矢先、チンパンジーに僅かに勝る頭脳を持つルチャはケンスケのバックを取ると・・・・
20120311_143720 (2).jpg


神の子ルチャはケンスケの首に腕を回しチョークスリーパー
20120311_143722 (1).jpg

が、キョトン顔のケンスケ。完全にチョークが決まっているのになぜ?と、ルチャはさらに深くチョークを決める。
20120311_143722.jpg

チョークではケンスケの首を取れないと考えたルチャは、そのゴリラのような素手でケンスケの首を決めにかかった。
20120311_143724 (1).jpg

しかしキョトン顔のケンスケに対しルチャは「滑る、滑ってるよ」とアピールし(桜庭vs秋山でググッてください)レフリーがその訴えを受けて試合終了。


なんとも不完全燃焼な試合であったが、今年世界で最も盛り上がった試合であったことは会場の拍手が認めていた。


試合後ルチャは「決着がつかなかったことは非常に残念だったが、いい勝負だった」と語り、ジェイミー、ティファ姉、ケンスケを控え室に呼びアメリカから取り寄せたという、Tシャツを渡した。

左から1番ジェイミー、2番ティファ姉、3番ケンスケとそれぞれ名前入りの特注である。
20120311_152655.jpg

20120311_152836.jpg


そしてルチャは最後にこう語ってリングを、日本を去った。

「実はこのシャツを土佐出身のコイケル3人に渡すために来日したのだ」と。


ありがとうルチャ、サンキュールチャ、グラシアスルチャ。


アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

ケンスケ生後113日目の体重はたった今、深夜にもかかわらず計測したところ7.8kgでした。

そんなケンスは最近、実は「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」なのではないかと、私は疑っているのです。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを知らない方は(女性が多いからほとんど知らないだろうな・・・)ググッてみてください。出来ればYouTubeで彼の戦いを興奮しながら見てください。

ケンスケは生後2ヶ月ほどで散歩デビューをし、ご近所の多すぎる友達により、犬見知りを一切しないヘンテコは仔犬です。仔犬だけどデカイのですが。

どの友達に会っても、決まったルーティンがケンスケにはあるのです。

1,急にリードを引っ張る(カツオが釣れた感じの引きです。将来的にはマグロの引きを目指しています)

2,私の言う事を聞かなくなります。どこかの塾の講師が、勝手にケンスケのやる気スイッチをいれてしまうんです。(地域によりこのCMが流れていない可能性があります、「やる気スイッチ」でググって見てください)

3,軽く追いかけっこが始まります。

4,追いかけっこも早々に切り上げケンスケはアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの様に遊び相手を引き込むのです。「参った」のポーズかと思いきや常に半身なのです。自ら地面に背中を付け「参った」の振りをして実は下から狙っているのだということが最近わかりました。そして「猪木アリ状態」の間が発生します。「猪木アリ状態」をご存じない方はググッてみてください。

5,友達はそんなケンスケを見て、まさかアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラだとは思いもせず、首を狙ってきます。普通ならここで「参った」となり、一件落着だと思うのですが、ケンスケはそうは行きません。ケンスケは下から両手を伸ばし三角絞めを狙ってくるのです。それと同時に後ろ足で友達の腰を押し、マウントボジションをとらせないのです。友達もみんなこんなケンスケの戦術に混乱している様子です。ちなみに柔術と言います。

6,友達は腑に落ちない様子ではありますが、経験したこと無いケンスケの戦術を理解できず(誰にも理解できません。当然友達は理解できるはずがないのです)、その場を離れます。

7,しかしケンスケはすぐに誘い始めます。すると友達は「何だ、まだやるのか?」とケンスケに向かっていきます。

8,ケンスケはスタンディングは早々にすぐに背を地面に付け半身で誘い込みます。これを永遠と繰り返すのです。

そんなケンスケのファイトを、友達の「元気姉貴」との一戦を参考に紹介します。

「参った」かと思いきやケンスケのこの表情。明らかに戦闘モードです。元気姉ちゃんもきっと驚いています。「何で下から攻撃してくるんだ」と。
20120306_173606.jpg



このように下からパンチを繰り出すのです。多分ケンスケは変わり者です。きっと友達がガードのために手を上げたところで三角絞めを狙っているのです。
20120306_173604.jpg

パンチが効かないとなると、今度はマイクタイソンのようにケンスケは相手を噛み始めます。
20120306_173604 (1).jpg


これは完全にマイクタイソンVSホリフィールドです。
20120306_173602.jpg


ケンスケは白目を向き、完全にファイターとなっています。後ろ足でも狙っているのが分かります。
20120306_173558.jpg


私は心配しています。こんな変なケンスケを、いつまでご近所のお友達は相手してくれるのかと・・・犬社会のルールをケンスケは完全に無視しているのではないだろうか。自ら地面に平伏したらそれは「参った」の合図のはず。でもケンスケはそこからが勝負なのです。ケンスケはグランドで勝負する柔術家ノゲイラなのです。
20120306_173557.jpg


友達の元気姉ちゃんは、こんなケンスケでも何度も相手してくれます。凄く優しくその名のとおり元気な元気ちゃんなのです。

しかしさすがはお姉ちゃんです。きっと頭がイイのです。最終的にはケンスケを力で押さえ込みます。
しかしケンスケは舌を出してふざけているようにも見えます。
20120306_173608 (1).jpg

これを永遠と繰り返すのです。写真で見ないと、ひたすらケンスケがやられている様に見えるのですが、写真は凄いです。その名のとおり真実を写し出します。

元気ちゃん、こんなけんすけだけどまた遊んでね!!


こうした遊びを多くの友達はケンスケに付き合ってくれるのです。凄く恵まれた環境です。友達が大きくても、吹っ飛ばされてもケンスケはすぐに立ち向かうのです・・・困ったものです。

絶対に足では敵わないウィペット勝負を挑みますが、もはや相手にさえしてもらえません。
20120307_172653.jpg

ケンスケは体格差をものともせず、アタックを繰り返しますがやはり相手にしてもらえません。みんな分かっているんです。「本気出したらケンスケなんか一殺だ」って。本当にこの土手の友達はみんな優しいんです。
20120307_174024.jpg

この環境は絶対に恵まれていると思います。ケンスケの散歩道にはもっともっと沢山の友達がいるんです。ケンスケは近所の土手の多くの兄ちゃん、姉ちゃんに育てられているのです。本当にみんな可愛いんです。


散々遊んだのに帰りにバニラ兄ちゃんに会うとまだ遊ぼうとするんです。


ケンスケがいい犬に育ったら、それはこの土手にいる多くの兄ちゃん、姉ちゃんのお陰なんです。本当にみんな有難う!!



超不規則な散歩

ケンスケの体重、ついに7kg超えです。
現在1日の食事は210g なのに毎日100g以上増え続けるケンスケ。相変わらずの効率。

先週から家族の事情で散歩が超不規則になっております。まぁもともと不規則でしたが・・・
特にこの2,3日は23時過ぎの散歩が続いたり、日曜日は夕方前に散歩したり、ケンスケも大変戸惑って・・・いる様子もなく、元気です。

左22kg、右7kg

近々、私の仕事で犬を起用する機会があるのでケンスケをデビューさせてしまおうかと思っております。

この仕事をしているとモデルなどはこちらで用意することもあるため、今回は私手配で犬を・・・ただしコイケルは珍し過ぎるためオーソドックスな犬も、友人から借りたりし最終的に全体のバランスを考えてどの子にするか決める予定です。

さて長男にはおとなしくリードを託すケンスケですが、妹の長女に変わると一変します。



長女はケンスケを大変可愛がっておりますが、一方通行のようです。いや優しい長女に甘えてワンパクスイッチが入ってしまうようです。

長女はいつも笑顔でケンスケに引っ張られています。




そんなケンスケですが、子どもたちと遊ぶのが楽しいようで、子どもたちが遊びだすとケンスケの遊びギアが1段アップします。


ケンスケも段ボールで遊びたいのです。もちろんターゲットは長女。しかし笑顔でダンボールをケンスケへ渡してしまう長女なのです。



そしてケンスケは長女から奪ったダンボールを私に届けてくるのです。頼んでないのに。


きっと「長女は危ない。長女にはまだ早い」と言っているかのように、なんどもこれを繰り返すのです。頼んでもないのに。もういいよと言っているのに。そうですケンスケはバカなのです(笑)いや愛情なんです。


この日次男がインフルエンザでした。そして今日次女がインフルエンザになりました。。。

ケンスケの不規則な散歩時間はもうしばらく続きそうです。


PS、ケンスケのみならず、我が家は全員バカなのです。












足に違和感からの、復活。

本日散歩中に、足を引きずっていたケンスケ。
やちまった〜、散歩しすぎた〜と2分くらい反省しましたが、帰宅後ご飯を食べ、寝て、起きたら普通に歩いていました。

まぁあまり心配していなかったので、普通に歩いてしばらくしてから「あれ?普通に歩いてるし」って感じです。


帰宅直後に、足を伸ばしたり曲げたり、押したり、ねじったり、四の字固めとかしたんですけど、全然痛がらないから心配していなかったんですけど。

まぁ一安心ということです。

ケンスケ、悪いけどオレはすぐに病院連れていかないから、覚悟しろよ!!自分で生きろ!!
それとオレの焼き芋、勝手に食うな!!










おもろい野郎は、トイレ後もおもろい

体重6.2kg、ケンスケは順調にBIGサイズの道を歩んでおります。

20120219_174047 (1).jpg


ケンスケは「トイレで用を足すと褒められる」を理解しすぎておりまして、トイレの後で「褒めてくれ〜」とハイテンションで鼻息荒く体を預けてきます。

小便の後は、アソコがまだ濡れておりスキンシップし難い状況ではありますが「ヨ〜シ、ヨ〜シ、いい子だ、いい子だ」と思いっきり褒めます。もちろん服にはシミが付き、肌は濡れます。極微量ですが・・・
大便の後は特に汚れることはないのですが、若干臭うのです。ケンスケはゴロンゴロン転がって喜ぶので、私の顔にケンスケの大便の出口が大接近する瞬間があり、ケンスケに失礼とは知りつつも私の顔はどうしてもひきつります。

そんな最近のケンスケですが、先ほどトイレから「ジョ〜〜〜〜」と轟音が聞こえたので目を向けると小便をしておりまして、まだ終っていないのにスキンシップを急ぐあまり、腰を落とした状態で上半身を私の方へ伸ばし変な動きをしていました。
もちろん小便後は猛ダッシュで突進してきました。

本当におもろい野郎です。

今度トイレから轟音が聞こえたら、逃げることにします。




久しぶりです。

 今朝のケンスケの体重:6.2kg
ちょうど生後3ヶ月目の一昨日、6kgに到達!順調にでかくなってきてます。

この1週間何かと忙しく、ブログを放置してました。コメントいただいた方々へはお返事が遅れていまして申し訳ありませんm(__)m


今日はこれから少し時間があるので、コメントにお返事したり、皆様のブログにお邪魔しようと思います!

私が犬になる日

今朝の体重:5.5kg

ケンスケが走っている姿を写真で見るたびに、どう見ても耳を羽ばたかせて飛ぼうとしているのではないか?と思ってしまう。

そこで、トレーニングを開始した。

色んなことを覚えていくケンスケは、最近では呼び戻しが以前より容易にできるようになった。外でも呼べば大概来てくれる。どうも結構凄いことらしいが私は犬を飼ったことがないのでよく分からない。
さて、ケンスケがいつ飛べるようになるのか分かりませんが、飛べるようになったら報告しますね!



散歩中、知り合いの犬友達がいないときは、私が犬になります。
スクリーンショット(2012-02-12 21.25.42).png

ケンスケが利口になるか、私が犬になるか、どっちが先が勝負です。

あっ、トイレの失敗はとりあえず無くなりました。しかしまだ油断できません。ケンスケが家の中でオシッコしたら、私はまたオシッコに向かって吠えます。

そういえば犬の餌って結構美味しいですね。今日は煮干を食べてみましたがなかなかいけます!!

あっ、私が犬になってきてるのかな。。。



PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ケンスケは何歳?

 私へのメール

 ケンスケ写真館

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:51 最後に更新した日:2012/11/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM