スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.11.06 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ケンスケを迎え入れる準備

コーイケルホンディエという、日本では珍しい犬。
なぜコイケルを選んだのかというと、本当はゴールデンレトリバーが欲しかったんだけど、マンションの規定で大型犬の飼育が不可能だったため、規定内のサイズの犬種に絞らざるを得なかったというのが、まず第一歩。

それから様々な犬を調べ、悩んだ。

・私の遊び相手になる(頭を使った遊びが好きな犬)
・小型すぎないサイズ
・従順な性格の犬
ざっとこんな条件で探し始めた結果、コイケルにたどり着いた。

しかし、なんせ希少な犬種のためペットショップにはいない(そもそもペットショップで生体を販売・購入することに抵抗があったため、ペットショップでは買う気はないが)。ブリーダーも都内にはなく遠方ばかりで、ナマのコイケルを見ることができない。
ネットや本でコイケルについて沢山勉強した。ブリーダーにも電話で話を聞いた。その結果迷わずコイケルを選択することが出来た。

そしてちょうど生まれたてのコイケルがいるブリーダーに巡り会えたため、即予約。
性別は雄。私がコイケルに期待していることは、私や子どもたちの親友になってもらうことなので、雌は考えていなかった。


〜コイケルの予約後〜
早速名づけ開始。我が家には2人の息子がいて、2人とも名前に“介”が付くため、コイケルにも“介”を付ける事は決定事項。
さて介の前が問題だ。私は駿介(シュンスケ)と名づけたいと考えていたが、長男から「友達にシュンスケくんがいるから」とダメだし・・・で、ケンスケにした。漢字は未だ決めていない。
というわけで、我が家のコイケル♂の名は『ケンスケ』に決定した。

その後はケンスケのサークル、おもちゃ、食器、ベッド、トイレなどを購入しリビングの一角にケンスケのスペースを設けた。


〜ケンスケが我が家にやってくる日〜
迎え入れる日の目安は生後50日と、ブリーダーさんから言われている。2011年11月17日生まれのケンスケの生後50日は2012年1月6日。ただし、受け渡し前にワクチンを接種する為、6日に受け渡しになると動物病院の正月休み明け1月4日にワクチン接種をすることになり、その2日後の受け渡し。この件についてブリーダーさんからワクチン接種直後だと健康面で心配な面がある(なんせケンスケは飛行機でやって来る為)とのことで、迎え入れる日をワクチン接種からしばらく時間を開けた1月10日に決めた。
早く迎え入れたい私たちに対して、ケンスケの健康面を考えてくれたブリーダさんに感謝。
これからも色々とアドバイスをしてもらおう。










にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村


PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ケンスケは何歳?

 私へのメール

 ケンスケ写真館

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:51 最後に更新した日:2012/11/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM